山岳事故での迅速な119番通報と適切な救護活動に対し感謝状を贈呈しました

 
     氷ノ山東尾根登山道(養父市鵜縄)において、倒れて身動きできなくなっている男性(67歳)に遭遇し、
    適切な救護活動をされた一般登山者に対し、養父消防署長から感謝状が贈呈されました。
 
      平成28年11月22日(火)14時05分頃、同登山道を下山中の2名の登山者が、倒れて身動きできなくなっている
     男性を発見し、迅速かつ的確な場所を119番通報するとともに、男性に対して適切な救護活動(止血処置、保温等)
     を行いました。
      その後も、現場上空に飛来した防災ヘリの誘導及び活動補助(搬送器具装着、ピックアップポイント移動)を行うなど、
     傷病者の救助に大きな貢献をされました。
      その後男性は防災ヘリに収容され病院へ搬送されました。
 
      感謝状贈呈対象者
        大阪府堺市在住   栗本夫妻
 


南但消防本部 〒669-5261 兵庫県朝来市和田山町枚田436番地1 TEL 079-672-0119(代表) FAX 079-672-5046