熱中症を予防して元気な夏を!
  
    気温や湿度の高い日が続いており、熱中症で救急搬送される方が増えています。夏の強い日射しの下で激しい運動や作業をする
   時だけでなく、身体が暑さに慣れない梅雨明けの時期にも起こります。また屋外だけでなく、高温多湿の室内で過ごしている時にもみ
   られます。
    熱中症とは体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどい時には、けいれんや意識
   の異常など様々な障害をおこす症状のことです。
    室内においても熱中症は発生しています。室温が、28℃を越えないように、冷房器具を上手に使い、涼しい服装でこまめに水分補給
   をするなど注意をしましょう。 
  
      熱中症対策リーフレットで、
      熱中症予防のポイント、子供や高齢者の特徴や特に気を付けていただきたい点などを掲載しています。
      
      ※ リーフレットはこちらから ↓↓
      総務省消防庁熱中症対策リーフレット


南但消防本部 〒669-5261 兵庫県朝来市和田山町枚田436番地1 TEL 079-672-0119(代表) FAX 079-672-5046