心肺蘇生法

   @ 周囲の安全を確認します。 
   A 人が急に倒れた。反応があるか確認します。  
   B 反応がない。大声で助けを呼びます。
   C 119番通報とAEDの手配をします。
   D 呼吸をみます。
   E 胸骨圧迫をします。
   F 人工呼吸の組み合わせ。
   G 1歳未満(乳児)の心肺蘇生法
   H 心肺蘇生法の年齢別比較表
   I AEDが到着したら
   J いろいろなタイプのAED
   K 救命処置の流れと手順

     心肺蘇生法パンフレット(PDF524KB)  PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
    
     消防教室等申込書(救急教室等)             ※ 消防教室の申し込み用紙は、左記からダウンロードしてください。

   @ 周囲の安全を確認します。
         まずは周囲の安全を確認します。

 ・ 周囲が危険な状態でないかを確認します。車の往来がある、
   室内に煙がたち込めているなどの状況があれば、それぞれに
   応じて安全を確保しましょう。



   A 人が急に倒れた。反応があるか確認します。 

倒れている人に反応があるかを確認します。

 ・ 耳元で「もしもし大丈夫ですか?」と声をかけながら、肩を軽く
   たたいて確かめます。

 ・ 大声で呼びかけ、目を開けるなどの応答や目的のある仕草が
   なければ 「反応なし」と判断します。また、全身がひきつるような
   動き(けいれん)も「反応なし」と判断します。 
   B 反応がない。大声で助けを呼びます。

反応がなければ助け(協力者)を呼びます。

 ・ 「だれか来てください!人が倒れています!」などと大きな声
   で協力者を呼びます。
   C 119番通報とAEDの手配をします。

協力者がいれば「あなたは119番通報してください」「あなたはAED
を持ってきてください」と具体的に指示します。

協力者がいない場合は、まず自分で119番通報をします。すぐ近くに
AEDがあれば取りに行って下さい。

119番通報すると電話を通じて、あなたや協力者が行うべきことを指導
してくれます。落ち着いて従ってください。
   D 呼吸をみます。

普段どおりの呼吸であるかどうかを観察します。

 ・ 10秒以内で胸と腹部の動きをみます。胸と腹部が動いてい
   ない。また、普段どおりでない場合は心肺停止とみなして、た
   だちに胸骨圧迫を行います。

  ※ 10秒かけても判断に迷う場合は、呼吸がないものとみなし
     ます。
   E 胸骨圧迫をします。



ただちに胸骨圧迫を行います。

胸の真ん中を強く(胸が約5cm沈み込む程度)
速く(1分間に100回から120回の速さ)
絶え間なく(中断を最小に)30回圧迫を繰り返します。



 ・ 圧迫を緩めるときは、手を離さず力を緩めます。

 ・ 胸がしっかり戻るまで十分に圧迫を解除します。

     
   F 人工呼吸の組み合わせ。



人工呼吸の技術と意思があれば、胸骨圧迫に人工呼吸を組み合わせ
ます。

気道確保

 ・ 片手で傷病者の額を押さえながら、もう一方の手の人差し
   指と中指をあご先(骨のある硬い部分)に当てて持ち上げます。

  ※ あご下の柔らかい部分を指で圧迫しないように注意して下
     さい。

口対口人工呼吸

 ・ 気道を確保したまま、吹き込む息が漏れないよう鼻をつまみ、
   約1秒間かけて胸が上がるのが分かる程度まで吹き込みます。

 ・ これを2回行います。(成功、失敗にかかわらず2回)終わった
   らすぐに、胸骨圧迫にうつります。

 ・ 胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを絶え間なく続け
   ます。

        ※ ほかに手伝ってくれる人がいる場合
           疲れてくると気づかないうちに圧迫が弱くなったり、テンポが遅くなったりするので、疲れてしまう前
           (1〜2分を目安)に役割を交代しましょう。

   G 1歳未満(乳児)の心肺蘇生法
乳児の場合

胸骨圧迫
 ・ 左右の乳頭を結ぶ線の少し足側を目安とする胸骨の下半分を
   指2本で、胸の厚みの1/3を目安とし1分間に100回から120回
   のテンポで圧迫します。

人工呼吸
 ・ あご先を持ち上げるという点は成人の場合と同じです。ただし、
   極端に頭を後屈させるとかえって空気の通り道を塞ぐことになる
   ので、気を付けましょう。
   乳児の大きさでは、口対口人工呼吸を実施することが難しい場合
   があります。この場合は、乳児の口と鼻を同時に自分の口で覆う
   口対口鼻人工呼吸を行います。

        ※ 人工呼吸の重要性
          乳児の場合は、呼吸が悪くなったことが原因で心停止にいたることが多いため、できる限り人工呼吸もあわせた
          心肺蘇生をおこなうことが望ましいと考えられます。乳児に接する機会の多い方は講習会を受講するなど、しっかり
          とした人工呼吸の技術を身につけておきましょう。

   H 心肺蘇生法の年齢別比較表
 救命処置 年齢別 成   人 小   児
(1歳以上中学生まで)
乳   児
(1歳未満)
通報とAEDの手配 119番通報・AEDの手配をします 
呼吸の有無  胸と腹部を見て10秒以内で判断します
胸骨圧迫 圧迫位置 胸の真ん中  胸の真ん中 両乳頭を結ぶ線の少し足側
圧迫方法 両  手 両手又は片手 指2本 
圧迫の深さ 約5cm 胸の厚みの1/3 胸の厚みの1/3 
圧迫の速さ 1分間に100回から120回
人工呼吸  頭部後屈顎先拳上法
胸骨圧迫と人工呼吸の比  30 : 2 
AEDの使用 乳児も含めて可能
電気ショック後の対応  ただちに胸骨圧迫を再開
   I AEDが到着したら










AEDの電源を入れる

 ・ 傷病者の頭の横に置き、ケースから本体を取り出すか、
  ふたを開けます。

 ・ 電源を入れたら、その後は音声メッセージに従います。
   (ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。)
















電極パットを貼る

 ・ 傷病者の衣服を取り除き、胸をはだけます。

 ・ 電極パットの袋を開封し、電極パットのシールをはがし、
   粘着面を胸にしっかりと貼り付けます。

 ・ 貼り付ける位置は電極パットに絵で示されています。

 ※ 小学生以上は大人用の電極パットを使用します。

 ・ 電極パットを貼り付けると音声メッセージが流れ自動的に
   心電図の解析が始まります。

 ・ 「患者から離れてください」などのメッセージが流れたら
    「みんな、離れて!」と注意を促し、誰も傷病者に触れて
   いないことを確認します。

 ・ AEDが電気ショックを与える必要があると判断すると「ショ
   ックが必要です」などの音声メッセージが流れ、自動的に充
   電が始まります。



 ・ 充電が完了すると「ショックボタンを押してください」などの
   音声メッセージが流れ、ボタンを押すことで電気ショックを
   実施することができます。

 ・ 電気ショック後はただちに胸骨圧迫を再開し、胸骨圧迫
   30回と人工呼吸2回(30:2のサイクル)を繰り返し行いま
   す。





 ・ 心肺蘇生再開後は、AEDの音声メッセージに従って実施
   してください。以後、2分おきに心肺蘇生とAEDの手順を繰
   り返します。



 ・ 電極パットは胸からはがさず、AEDの電源も入れたままに
   してください。
   J いろいろなタイプのAED 

      AEDは、電気ショックを行うための医療機器です。コンピュータによって自動的に心室細動かを調べ、音声メッセージで
    電気ショックを指示してくれますので、一般の人でも簡単で確実に操作することができます。
      突然心臓が止まるのは、心臓がブルブルと細かくふるえる「心室細動」によって生じることが多く、この場合にはできるだ
    け早く心臓に電気ショックを与え、心臓の動きを取り戻す(これを除細動といいます)ことが重要です。
      AEDの使用が1分遅れるたびに、生存退院率が7〜10%ずつ低下することが知られています。

ふたを開けると電源が入るタイプ 電源のボタンを押すと、電源が入るタイプ 

 


 


 

 
   K 救命処置の流れ(心肺蘇生法とAEDの使用) 
               
 
 
           〔一般社団法人日本蘇生協議会監修:JRC 蘇生ガイドライン2015、P18、医学書院、2016より転載〕
 

南但消防本部 〒669-5261 兵庫県朝来市和田山町枚田436番地1 TEL 079-672-0119(代表) FAX 079-672-5046